125ccのバイクの寿命目安をお伝えしきていきます。

 

バイクって一般的にだいたい何キロくらいまで乗れるものなのか?今日は125ccクラスのバイク寿命についてお伝えしていきたいと思います!

 

 

125ccバイクの寿命

 

最初に結論から言っていきましょう。

 

125ccバイクの寿命は10万キロがいいところです。

 

寿命については断定が非常に難しいですが、

 

ただオイルが劣化していない状態、エンジンに負荷をかけない走り、頻繁に20kmとかなるべく長めの距離を走るような感じで使用していけば10万キロは持つでしょう。

 

逆にオイルをいつまでも交換しないとか、法定速度を超えてよく走る、1〜2kmだけちょこちょこ走るとか、月に1回しか乗らないとか、エンジンに対してあまりよくない状態の走りをするとなれば5万kmにもいかないということもありえます。

 

10万キロは無理なのか!?

 

さきほどは125ccバイクの寿命として10万キロというのをお伝えしましたが、バイクのエンジン修理・エンジン内部のメンテナンス一切なしということを考えると、これくらいが寿命として一般的です。

 

10万キロ以上はメンテナンスをしっかりしていてもそろそろヤバいと考えておくべきです。

 

ただあくまでもこれは「エンジン内部のメンテナンスをしない」場合です。

 

エンジン内のピストン・ピストンリング・ガスケット・クランクシャフトなど全体を部品交換、いわゆるエンジンオーバーホールを上から下までガッツリやれば10万キロ以上も余裕です。

 

言い換えればエンジンオーバーホールをやりさえすればバイクの寿命は無限にないと考えてもよいと思います。

 

寿命の見切りをつけるタイミング

 

125ccバイクはしっかりメンテナンスをすれば10万キロは超えても利用することができますし、エンジンオーバーホールさえすればずっと乗り続けることができます。

 

しかしながら、10万キロを超えてものなおの乗車ともなれば、それまでに莫大な費用が掛かります。

 

10万キロ維持に必要なメンテナンス費用は新車のバイクをもう一台余裕で変えるほどの費用はかかるでしょうし、それにエンジンオーバーホール費用をプラスして上乗せすればバイク2台分以上の費用なんてことも普通にありえます。

 

ここまでお金をかけて乗るとなるとかなり非効率です。

 

自分好みにカスタムしてあり、世界に1台しかないような感じなら話は別ですが、そうでない場合は、乗ることでかかる費用を抑えたり、バイク自体に値段がまだつく内に売却することも視野に入れるとよいかと思います。

 

それで長くなりましたが、寿命の見切りタイミングとしては、3万キロくらいまでが良いかと思います。

 

えっだいぶ早い・・・

 

寿命自体は10万キロもつのにと思った方も多いかもしれませんが、3万キロくらいの早いタイミングで乗りつぶしで乗るか、バイクを売ることも考えるかを検討するのが良いと思います。

 

とくに売ることを少なからず考えているのなら3万キロあたりで一度考えておくことをおすすめします。

 

もちろん4万キロ・5万キロでもバイクは売ることができるのですが、格段に買取は安くなります。

 

古い人気のある旧車であれば4万キロ・5万キロでも買取に価値はまだ付きますが、そうでない場合は4万キロ・5万キロも走っている車両になると、ほとんど買取に値段がつきません。

 

自分が買う立場になって考えてみた時にどうでしょうか?

 

4万キロ・5万キロのバイクを新しいバイクとして迎え入れたいでしょうか?

 

プレミアがついて他にそのバイクがもうないという場合を除いては、欲しいなと思うことはないように思いますし、4万キロ・5万キロレベルのバイクを手に入れるとしたら激安でないと買いたいとは思わないのではないでしょうか。

 

 

なので売ることを視野に入れているのなら3万キロ以内くらいで、このまま乗り続けるか、高く売れるうちに売るかを検討するのがよいでしょう。

 

 

まとめ

 

今日は125ccバイクの寿命についてお伝えしてきました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

125ccクラスは排気量が小さいとは言え、大切に乗っていれば10万キロはもちますし、エンジン修理も念頭においていれば、パーツが無くならない限り無限に乗り続けることも可能です。

 

ただ10万キロ近く持つとはいえ、そこまで乗り続けるにはもう1台バイクが買えてしまうほど費用がかかったりもしますし、乗れば乗るほど、年数が経てば経つほどたいていのバイクは価値が低くなっていくので注意しましょう。

 

125ccバイクの寿命は大変長いです。

 

長く乗り続けるためには日頃よりきちんとメンテナンスをしてあげるようにしましょう!!

 

 

 

 

 

TOPへ